カプコンの面白いゲーム

カプコンが生んだ面白いゲームの数々

カプコンは1979年に辻本憲三により設立された40年の歴史を持つゲーム会社です。『より多くの人々に当社のコンテンツを届けること』を目標に掲げ、今でも世界中の人達に愛される作品を世に送り出し続けています。

バイオハザードシリーズやモンスターハンターシリーズ、ストリートファイターシリーズなど誰もが一度は聞き覚えがあるゲームを販売しており、数多くのヒット作を生み出しています。

バイオハザードは1996年に第一作目が発売された

サバイバルホラーゲームです。現在バイオハザードに関連したゲームが10作以上登場しており、20年経過した今でもたくさんの人たちから高い支持を得ています。

モンスターハンターは、人気がありすぎることからモンハン現象という社会現象を巻き起こしている大人気ハンティングアクションゲームです。このゲームは、シングルプレイだけではなく他の人と一緒に協力して強大なモンスターに挑むという、今までにはなかったコミュニケーションスタイルを確立しました。2004年に初めて登場して以来、年々ファンを増やし今ではカプコンを代表するゲームになりました。

ストリートファイターは1987年に業務用ゲームとして登場して以来、世界中の人達に愛されている1対1のバトルアクションゲームです。1992年に発売されたスーパーファミコン版では全世界で630万本を販売するという大記録を打ち立てました。現在はesportsの競技として世界大会が行われるまでになりました。

他にも逆転裁判シリーズやロックマンシリーズなども生み出しています。